単品通販のススメ

ローコストで出来る?

ローコストで出来る?

ローコストで出来る? 単品通販は総合通販に比べてコストが掛からないのが魅力です。総合通販は製品数が多いため、システムを維持するランニングコストが高くなります。多種多様な製品を随時確保する必要があり、倉庫代も高額です。商品出荷の作業に多くの人員が必要であり、常に臨機応変な対応が求められるため、現場スタッフの人件費も高くなりやすく、長時間労働が常態化します。
一方で単品通販ならごく僅かな品数を扱うため、人件費や店舗の運営費の経費は非常に低く抑えられます。毎日決まった商品を梱包し、出荷するというルーチン業務がメインになるため、スタッフの人員も最小限で問題はありません。基本的なスキルは必要ですが、仕事内容がマニュアル化しやすいため、いわゆるアルバイトの若者やパートの女性に充分現場作業をお任せ出来ます。
利益率が総合通販よりも単品通販の方が高いのも利点です。いわゆる大企業が参入し難い、隙間産業とも言えるマニアックな分野の製品をごく少数、単品通販で販売するだけでも、安定的利益が確保しやすいです。

単品通販と定期通販どちらがコスパがいいのか

単品通販と定期通販どちらがコスパがいいのか 通販は、単品通販と定期通販があり正直コスパと言う点においては、後者の方がいい場合が少なくありません。
単品通販の場合は、定価販売で送料も普通に請求するなどの対応が普通です。定期通販の場合は、初回お届け5割引、二回目以降のお届けは2割引などの対応になることが珍しくありません。送料も無料になることもあります。この違いは、定期通販の方が中長期的に考えた場合発売元の利益が多いからです。ただ、利用者にとってはその商品が本当にいいものなのかが、気になるでしょう。仮に、その商品がいいものでない場合は定期通販で購入したら後悔してしまうこともあります。その理由は、解約するためにはお届けした回数が4回以上必要などの条件があるからです。そういったことを防ぐことができるのが単品購入になります。家に届けられるのは一回だけです。単品通販で届けられた商品を利用して、気に入れば定期通販を利用すると言うのが、もっともいいのではないでしょうか。